MENU

 いかにもヤクザ風の男が2人自分の後ろに立っていたのでした。
鬼のような形相で怒り狂っていて、体が凍りついてしまっていたのでした。
「俺の女となにをしようとしているんだ、ぼけナスが!!」
物凄い大きな声で怒鳴り散らされてしまって、体が萎縮してしまいました。
いったい今なにが起こっているのか?全く分らない状況になっていたのです。
さんざん怒鳴られていたのですが、ただ怖くて怖くてしかたがありませんでした。
どうやら自分の女に手を出したからという事で、激しい怒りに見舞われているようでした。
「どうやって落とし前つけんじゃ、ごらぁ」
あまりの恐怖になにが何だかわからなくなってしまってて、財布にあった全財産である5万円をその場で差し出してしまっていました。
これでおっかない奴らから開放されたのは良かったのですが、全財産を持ってかれてしまって財布の中は空っぽだったのです。
その場所から自宅までは10キロもあるし、そこをトボトボと歩いて帰る羽目になってしまったのでした。
あまりの出来事にかなりのショックがあって、その夜もなかなか寝付くことができなかったのです。
割り切りで気ままな性処理を楽しむことができる、こんなかと考えていたんだけど、最悪の事態になってしまったのでした。
性処理どころか、大金まで取られてしまって踏んだり蹴ったりです。
たまたまやりとりをした相手がヤクザの女で、それでこんな事になってしまったのか、只運が悪かったのか、ともかくひどい目に遭ってしまったと精神的な疲労が激しくなってしまいました。
同僚はこのような目に遭ったことがないのか?本当に気持ちの言うことをできているのか?どうしてもそれが知りたくなってしまいました。

本当に割り切りでセックスができるのかどうか、それさえ怪しく感じるようになってしまっていたのです。