MENU

 検索で見つけた割り切り掲示板にはたくさんの書き込みがあり、女性たちがお小遣いを求めていたのです。
そこで気になった相手に対してメールを送信してみたのですが、見事に返信を受け取ることができたのでした。
相手は20歳の女子大生で、ホ別イチゴでお願いできませんか?と言ってきたのです。
ホ別イチゴとはホテル代は別として、1万5千円をお小遣いとして手渡すというものです。
年下の女子大生とこれだけの金額で関係を持てる、それだけでもテンションは上がってしまいます。
もちろんすぐに会う約束をしてしまったのでした。
「◯◯駅付近のホテルでも大丈夫ですか?」
このように言われたので、そこで待ち合わせをして関係を持つ約束になりました。
結構な興奮状態になっていたし、セックスを久しぶりだからチンコがウズウズしちゃって大変でした。
これから少しの小遣いを渡すことで、年下の女性のオマンコの穴に突っ込めるのですから、やたらと期待感が膨らみまくっていたのです。
約束の場所まで行くと女性が待っていてくれたのでした。
ちょっとケバいかな?って感じもしたけれど、それでもセックスができれば問題はありませんでした。
その近くにあるホテルに2人で向かっていったのです。
これからホテルの中で素晴らしい関係が待っている、そう思うだけでも半立ち状態になってしまいました。
そしていよいよホテルの門をくぐる時になった瞬間、物凄い怒声が自分に浴びせかけられてきたのです。
「おらぁっ!わしのスケとどこに行くつもりなんじゃ、ボケェ」

物凄い声を浴びせかけられてしまって、体が硬直してしまいました。
振り向くとそこにはヤクザ風の男が2人立っていたのです。
物凄い形相で睨みをきかせてきて、文句を言ってきたのでした。
いったい何事が起きたのか?全く状況が掴めなかったのです。